慢性腎炎の食事療法-たんぱく50gの献立例

img595

そしてきゅうりや大根などを切って水によくさらしてカリウムを排出します。

そして味付けには油をたっぷり入れたドレッシングを使って味がないのを隠すためにはマスタードや生姜汁など入れたドレッシングを使うと美味しく作られます。

でんぷん麺の唐揚げでんぷん麺の唐揚げというのはでんぷんで出来ていて全くたんぱく質が含まれていない麺を油で揚げて作るものです砂糖をかけて食べると美味しいですカレー粉などをかけると昼ごはんや夜ご飯に食べられる他佐藤かければおやつになります。

あげてありますので、油がたくさん取れてカロリーが取れます。

カニとコーンのピラフピラフ型のものは少ない量のタンパク質でも食べた気がする食品ですので、あまりタンパク質を取れない時に積極的に取り入れたようですさらにこのようにして味をつけると低タンパク米でもおいしく食べられることができて、

タンパク質を減らしてもおいしく食べられる料理ですピラフにはエビやカニなどタンパク質が少なくてもゴミが多くておいしく食べられる素材を使うことがおすすめですベーコンやハムは塩分が多いので気をつけてください。

ごぼうと人参のサラダごぼうと人参のサラダは千切りの子と人参を茹でてマヨネーズで味をつけるものです。

簡単に作れますが、歯ごたえがあっておいしく食べられます。

豆腐の野菜あんかけ豆腐の野菜あんかけは豆腐を使った料理です。

豆腐は量のわりにタンパク質が少なくて腎臓病の方でも食べられます。

豆腐を入れて水を切っておきさやえんどうやニンジンなどを入れて味をつけます。

とろみをつける場少ない塩分でも美味しい味が付きます。

茹で野菜の胡麻和えというのもいい方法です。

野菜は入れることでカリウムが流れ出ます。

そしてマヨネーズを入れることでカロリーを取ることができます。

マヨネーズはたくさん食べてもあまり飽きない素材ですので、活用したいものです。

焼きそばという料理もいいと思います。

焼きそばには肉を保存無入れなくても鰹節なので美味しく味がつきますので、野菜も少なくて済みますし、ほとんどがメンズできていても美味しいぐらいのものです。

正しいソースのかけすぎには注意が必要です。

白菜の和え物白菜の和え物は人参と白菜をよく入れてカリウムを切った後に醤油などで味を付けます。

絞り方が足りないとたくさんの醤油が必要になりますので、水を切るのを忘れないようにしましょう。

急性腎炎の回復期の食事

img607

 

急性腎炎でも回復期になるとタイプタンパク質の制限が緩和されて美味しいものが食べられるようになっています。

例えばさつま揚げを食べることができます。

さつま揚げは練り製品ですが、自分の家で作れば塩分を調節して控えめにすることができます。

大豆を入れた揚げ物大豆を入れた揚げ物は豚ひき肉と大豆人参など入れて170度ぐらいの温度であげるものです。

野菜と海老の炒め物エビは甘みが多く少ない塩分でも美味しく作れます。

れんこんやオクラエビなどを痛めることで最後に醤油を加えます。

レンコンは見すぎてしまうとドロドロになりますので、シャキシャキと歯ごたえが残っている状態で終わりにしましょう。

忘れてはならないのが卵焼きという料理です。

昔お母さんに作ってもらった思い出のある献立ですが、意外とタンパク質が少なくて腎臓病でも食べられる食事です。

作り方は簡単でした。

フライパンに油をしいてといた卵を流して固めるだけです。

くずきりの酢の物はたんぱく質が少ない料理です。

くずきりは茹でてが原因したキウイフルーツを載せます。

そして酢を混ぜて醤油を少し入れることで味をつけます。

オムレツのひき肉ソースがけオムレツとひき肉を使うことでメインの食事が作れます。

使う素材はトマトやウスターソースニラや卵そして豚ひき肉などボールに割った卵をほぐして入れて炒めておいたひき肉などを入れます。

そしてオムレツ風の形にして焼きます。