腎盂炎の食事療法の献立例-減塩して水分を多めに

タンパク質は普通にとっていくことが必要です。

img594

魚や肉などの良質なたんぱく質をとっていきましょう。

しかし炎症がひどくてタンパク質に制限がある場合はカロリーが取れるように5番と6番の油屋里を使っていく必要があります。

タンパク質は炭水化物に入っているタンパク質と肉に入っているタンパク質ではアミノ酸スコアが違います。

アミノ酸スコアが高いもので必要なタンパク質を取らないとせっかくタンパク質をとっても体内で有効に利用されません。

調理をする上でのポイント

調理をする上ではやはり減塩食を美味しく食べるということがありますね。

フローゼ症候群のところで紹介したのですが、出しやすくなどの旨味を使っていかに減塩するかがポイントになります。

昔から言われている言葉に腎臓病のさしすせそというのがあります。

まず砂糖を先に入れて醤油を次に入れるすや醤油味噌は後で入れる和え物の場合焼いたものの場合などものによって味をつける順番も違ってきます。

生臭い味がする魚などには下味をつけておきますが、調味料別にとっておき食べる時にかけると塩分が濃く感じることができます。

揚げ物の場合は後でソースをかける場合は先に味をつけておく場合などがありますが、油を良いものを使って甘みを生かすことで塩分量を減らします。

蒸す料理は水分が多くて塩分が必然的な上がりがちです。

ですので、本体を薄く作ってアンを超え3にするといった工夫が必要です。

焼き魚などの焼いてはいる料理は一般的に醤油が少なめに住みます。

ですので、推奨されます。

腎盂炎の場合の献立の例

エネルギーは2000キロカロリーたんぱく質は70グラム塩分は6g以下水分がたくさん撮りましょう。

献立で説明するとパンやご飯を普通に食べていちごやオレンジなどの果物も普通に食べます。

タンパク質が少し多く入っている食材は風土や環境などそしてたんぱく質が主に入っているのがイトヨリダイ屋鶏肉のレバーそして油揚げや牛肉といった肉食品です。

水分をたっぷりとることが重要ですので、あまり塩分を入れないもので水を取ったほうがよいでしょう。

献立例としてはフレンチトーストやサラダあんこうの中華うま煮レバーと野菜の炒め物などが挙げられます。

それ以外の献立寿司てはカニサラダや肉団子ひじきのご飯や白身魚のすり身の汁物ドライカレーなどがあります。

ドライカレーは豚肉を5センチ角2切手野菜と油で炒めてカレー粉などを加えて作ります。

暑いご飯にかけると失敗するので少し冷めているご飯に混ぜた方ができやすいです。

かにサラダはカニ風味かまぼこなどを使ってもいいのですが、ほぐしてジャガイモ人参と一緒に混ぜます。

マヨネーズ味をつけると良いでしょう。

肉団子は豚ひき肉と玉ねぎや故障などを使って梅干しぐらいの大きさに丸めることで作ります。

 

たんぱく質と塩分が少なめの料理

一品料理レバーの唐揚げ風サラダレバーの唐揚げ風サラダがタンパク質が少ないのはカレー粉を使っていてタンパク質が少ないで歯を使っているためです。

鉄分がたくさん取れて塩分が少ないです。

レバーは豚のレバーを使って45グラム一人当たりの目安量です。

鶏肉とこんにゃくの炒め物鶏肉とこんにゃくの炒め物はたんぱく質が含まれていないこんにゃくを45g使うことで鶏肉の味をつけながら塩分が少なくタンパク質が少ない美味しい料理が作ります。

チキンサラダは鶏肉のささみと玉ねぎやオレンジなどを使ったサラダです。

薄味でもオレンジの風味が効いていておいしく食べられます。

肉団子の春雨スープというのも忘れてはいけません。

鶏肉は45グラムを使って春雨やチンゲン菜などを使ってスープを作ります。

スープというのは塩分が多めの食材ですが、旨味をたくさん使うことで少なめの塩分で味をつけることができます。

シーフードマヨネーズグラタンは4階の風味を生かしていて誰でも食べられる腎臓病治療食です。

シーフードサラダと言うからにはシーフードとしてエビあさりなどが入ります。

メインに使われる素材にはスパゲッティがありそれに玉ねぎなどが含まれています。

それをオーブンで15分程度焼くことで作られます。

ツナとほうれん草の炒め魚や肉をそのまま使うとタンパク質がオーバーしてしまいますが、ツナ缶などのように小分けにして入れることができるものを使うとタンパク質を少なくすることができます。