慢性腎炎で症状がない時の食事療法、献立例

ケチャップソースをかけてひき肉ソースをかけることでオムレツひき肉ソースだけが出来上がります。

img593

作るポイントとしては卵を半熟にすることです。

カチカチにしてしまうとおいしくないのですが、半熟にしておくととろっと中から卵が出てきて美味しいです。

イカとセロリの和え物イカとセロリの和え物はまずい顔短冊切りにして茹でておきセロリも小さく切っておきます。

そしてごま油醤油みりんなので味を付けて器に盛ってピーマンを乗せます。

強火で炒めるのがポイントです。

炒めすぎると色味が出てしまいますので、気をつけましょう。

慢性腎炎でほとんど症状が無い場合であれば鶏肉や卵などをたくさん取ることもできるようになります。

その通りの1つが鶏肉の味噌焼きです。

鶏肉の蒸し焼きは180度のオーブンで15分ぐらい焼いた鶏肉に味噌を使ったタレをつけることで作ります。

それ以外にあげ豆腐を使った煮物弁当としては鮭の照り焼きやコロッケなどを使うことができます。

ネフローゼ症候群の食事療法の方法

食事療法の基本の方針ネフローゼは先ほど紹介した通りたんぱく質が大量に排泄されてしまう病気で血中のタンパク質が低下しむくみアスクなるという症状が出ます。

そこで昔からネフローゼになったら高タンパクの食事を食べた方が良いとされてきましたが、最近の研究ではあまりタンパク質を摂りすぎると腎臓に良い影響はなくむしろデメリットが大きくなってしまうことからすごく高タンパクにするようなことは少なくなってきました。

どのように食事療法をして良いかというと良いタンパク質を十分にとるということです。

やはりあまりたくさん食べてはいけないとはいえたんぱく質が流れ出てしまう病気です。

から良質なタンパク質をとって血中のタンパク質を出さないといけません。

そして厳格な減塩が必要になります。

これはねフローゼの状態にもよるのですが、むくみがひどい場合は塩分多いように多く制限しないといけません。

場合によっては1日1gから2gというほとんど塩分が取れない状況が続くこともあります。

むくみが回復していけば原文は少しずつ増やすことができます。

ポイントは食欲をアップさせること塩分を厳しく制限するということは想像の通り美味しく食事が食べられないかもしれないということです。

そうするとどうなるかというと必要なカロリーが取れずに体の中がタンパク質が分解されてしまってタンパク質の老廃物が出てしまいます。

ですので、いかに少ない塩分で美味しい食事を作れるか金フローゼ症候群の食事療法の進め方のポイントです。

食品を選ぶときの注意点

img607

たんぱく質が多くて減塩の食事を続けるためには献立をやりくりすることが大変です。

そして調理をする方法も工夫が必要です。

そして高脂血症でコレステロール値が高いという方や肥満していて太っているという方は油物をたくさん取るのはよくないので糖質でカロリーを取らないといけなくなってきます。

パン類や麺類を食べる時は塩分を取りすぎないように注意が必要です。

塩分制限されている特別職であるパンや麺類を使うと食べることができます。

そして緑黄色野菜を色々取ることが必要です。

しかし野菜というのは水がたくさん含まれていて重さの85%から95%が水分でできています。

つまりほとんど水を飲んでいると変わらないような状態だということです。

ですので、あんまりおしっこが出ていない時は野菜を減らさないといけません。

良質なタンパクをたくさん食べるためには卵と牛乳をしっかり取り入れることが必要です。

タンパク質というのはアミノ酸スコアがあり同じ10グラムのタンパク質でも有効活用できるタンパク量が違っています。

腎臓病食が作れないなら食卓便のサイトをご覧になってください。

食卓便

ですので、牛乳や卵のような良質なタンパクを含んでいるものを食べた方がいいのです。

特に牛乳と卵は毎日の献立に必ず取り入れましょう。

しかし塩分制限や水分制限がかかっている方はむくみが出てしまう可能性があるので牛乳ではなく脱脂粉乳を使った方がいいと思います。

腎盂炎の食事療法の献立例-減塩して水分を多めに

タンパク質は普通にとっていくことが必要です。

img594

魚や肉などの良質なたんぱく質をとっていきましょう。

しかし炎症がひどくてタンパク質に制限がある場合はカロリーが取れるように5番と6番の油屋里を使っていく必要があります。

タンパク質は炭水化物に入っているタンパク質と肉に入っているタンパク質ではアミノ酸スコアが違います。

アミノ酸スコアが高いもので必要なタンパク質を取らないとせっかくタンパク質をとっても体内で有効に利用されません。

調理をする上でのポイント

調理をする上ではやはり減塩食を美味しく食べるということがありますね。

フローゼ症候群のところで紹介したのですが、出しやすくなどの旨味を使っていかに減塩するかがポイントになります。

昔から言われている言葉に腎臓病のさしすせそというのがあります。

まず砂糖を先に入れて醤油を次に入れるすや醤油味噌は後で入れる和え物の場合焼いたものの場合などものによって味をつける順番も違ってきます。

生臭い味がする魚などには下味をつけておきますが、調味料別にとっておき食べる時にかけると塩分が濃く感じることができます。

揚げ物の場合は後でソースをかける場合は先に味をつけておく場合などがありますが、油を良いものを使って甘みを生かすことで塩分量を減らします。

蒸す料理は水分が多くて塩分が必然的な上がりがちです。

ですので、本体を薄く作ってアンを超え3にするといった工夫が必要です。

焼き魚などの焼いてはいる料理は一般的に醤油が少なめに住みます。

ですので、推奨されます。

腎盂炎の場合の献立の例

エネルギーは2000キロカロリーたんぱく質は70グラム塩分は6g以下水分がたくさん撮りましょう。

献立で説明するとパンやご飯を普通に食べていちごやオレンジなどの果物も普通に食べます。

タンパク質が少し多く入っている食材は風土や環境などそしてたんぱく質が主に入っているのがイトヨリダイ屋鶏肉のレバーそして油揚げや牛肉といった肉食品です。

水分をたっぷりとることが重要ですので、あまり塩分を入れないもので水を取ったほうがよいでしょう。

献立例としてはフレンチトーストやサラダあんこうの中華うま煮レバーと野菜の炒め物などが挙げられます。

それ以外の献立寿司てはカニサラダや肉団子ひじきのご飯や白身魚のすり身の汁物ドライカレーなどがあります。

ドライカレーは豚肉を5センチ角2切手野菜と油で炒めてカレー粉などを加えて作ります。

暑いご飯にかけると失敗するので少し冷めているご飯に混ぜた方ができやすいです。

かにサラダはカニ風味かまぼこなどを使ってもいいのですが、ほぐしてジャガイモ人参と一緒に混ぜます。

マヨネーズ味をつけると良いでしょう。

肉団子は豚ひき肉と玉ねぎや故障などを使って梅干しぐらいの大きさに丸めることで作ります。

 

たんぱく質と塩分が少なめの料理

一品料理レバーの唐揚げ風サラダレバーの唐揚げ風サラダがタンパク質が少ないのはカレー粉を使っていてタンパク質が少ないで歯を使っているためです。

鉄分がたくさん取れて塩分が少ないです。

レバーは豚のレバーを使って45グラム一人当たりの目安量です。

鶏肉とこんにゃくの炒め物鶏肉とこんにゃくの炒め物はたんぱく質が含まれていないこんにゃくを45g使うことで鶏肉の味をつけながら塩分が少なくタンパク質が少ない美味しい料理が作ります。

チキンサラダは鶏肉のささみと玉ねぎやオレンジなどを使ったサラダです。

薄味でもオレンジの風味が効いていておいしく食べられます。

肉団子の春雨スープというのも忘れてはいけません。

鶏肉は45グラムを使って春雨やチンゲン菜などを使ってスープを作ります。

スープというのは塩分が多めの食材ですが、旨味をたくさん使うことで少なめの塩分で味をつけることができます。

シーフードマヨネーズグラタンは4階の風味を生かしていて誰でも食べられる腎臓病治療食です。

シーフードサラダと言うからにはシーフードとしてエビあさりなどが入ります。

メインに使われる素材にはスパゲッティがありそれに玉ねぎなどが含まれています。

それをオーブンで15分程度焼くことで作られます。

ツナとほうれん草の炒め魚や肉をそのまま使うとタンパク質がオーバーしてしまいますが、ツナ缶などのように小分けにして入れることができるものを使うとタンパク質を少なくすることができます。

慢性腎炎の食事療法-たんぱく50gの献立例

img595

そしてきゅうりや大根などを切って水によくさらしてカリウムを排出します。

そして味付けには油をたっぷり入れたドレッシングを使って味がないのを隠すためにはマスタードや生姜汁など入れたドレッシングを使うと美味しく作られます。

でんぷん麺の唐揚げでんぷん麺の唐揚げというのはでんぷんで出来ていて全くたんぱく質が含まれていない麺を油で揚げて作るものです砂糖をかけて食べると美味しいですカレー粉などをかけると昼ごはんや夜ご飯に食べられる他佐藤かければおやつになります。

あげてありますので、油がたくさん取れてカロリーが取れます。

カニとコーンのピラフピラフ型のものは少ない量のタンパク質でも食べた気がする食品ですので、あまりタンパク質を取れない時に積極的に取り入れたようですさらにこのようにして味をつけると低タンパク米でもおいしく食べられることができて、

タンパク質を減らしてもおいしく食べられる料理ですピラフにはエビやカニなどタンパク質が少なくてもゴミが多くておいしく食べられる素材を使うことがおすすめですベーコンやハムは塩分が多いので気をつけてください。

ごぼうと人参のサラダごぼうと人参のサラダは千切りの子と人参を茹でてマヨネーズで味をつけるものです。

簡単に作れますが、歯ごたえがあっておいしく食べられます。

豆腐の野菜あんかけ豆腐の野菜あんかけは豆腐を使った料理です。

豆腐は量のわりにタンパク質が少なくて腎臓病の方でも食べられます。

豆腐を入れて水を切っておきさやえんどうやニンジンなどを入れて味をつけます。

とろみをつける場少ない塩分でも美味しい味が付きます。

茹で野菜の胡麻和えというのもいい方法です。

野菜は入れることでカリウムが流れ出ます。

そしてマヨネーズを入れることでカロリーを取ることができます。

マヨネーズはたくさん食べてもあまり飽きない素材ですので、活用したいものです。

焼きそばという料理もいいと思います。

焼きそばには肉を保存無入れなくても鰹節なので美味しく味がつきますので、野菜も少なくて済みますし、ほとんどがメンズできていても美味しいぐらいのものです。

正しいソースのかけすぎには注意が必要です。

白菜の和え物白菜の和え物は人参と白菜をよく入れてカリウムを切った後に醤油などで味を付けます。

絞り方が足りないとたくさんの醤油が必要になりますので、水を切るのを忘れないようにしましょう。

急性腎炎の回復期の食事

img607

 

急性腎炎でも回復期になるとタイプタンパク質の制限が緩和されて美味しいものが食べられるようになっています。

例えばさつま揚げを食べることができます。

さつま揚げは練り製品ですが、自分の家で作れば塩分を調節して控えめにすることができます。

大豆を入れた揚げ物大豆を入れた揚げ物は豚ひき肉と大豆人参など入れて170度ぐらいの温度であげるものです。

野菜と海老の炒め物エビは甘みが多く少ない塩分でも美味しく作れます。

れんこんやオクラエビなどを痛めることで最後に醤油を加えます。

レンコンは見すぎてしまうとドロドロになりますので、シャキシャキと歯ごたえが残っている状態で終わりにしましょう。

忘れてはならないのが卵焼きという料理です。

昔お母さんに作ってもらった思い出のある献立ですが、意外とタンパク質が少なくて腎臓病でも食べられる食事です。

作り方は簡単でした。

フライパンに油をしいてといた卵を流して固めるだけです。

くずきりの酢の物はたんぱく質が少ない料理です。

くずきりは茹でてが原因したキウイフルーツを載せます。

そして酢を混ぜて醤油を少し入れることで味をつけます。

オムレツのひき肉ソースがけオムレツとひき肉を使うことでメインの食事が作れます。

使う素材はトマトやウスターソースニラや卵そして豚ひき肉などボールに割った卵をほぐして入れて炒めておいたひき肉などを入れます。

そしてオムレツ風の形にして焼きます。

高脂血症の方のための食事宅配サービスを紹介!

何と言っても動脈硬化のもとになるのが高脂血症ですから恐ろしい病気です。

高脂血症の予防方法高脂血症の予防方法は食事療法顔もになります。

そして同時に運動することが効果があると言われています。

GUM14_CL11006

運動は脂肪の燃焼を良くして基礎代謝をアップし血の巡りをよくしますので、有酸素運動をすることが効果的です。

15分以上運動しないと脂肪の燃焼効果が現れませんので15分以上軽い運動を行ってください。

高脂血症に良い食生活とは

高脂血症に良い食食生活とは適切なカロリーをとって適切な運動を行っていくところです。

コレステロールが多いタイプの高脂血症では脂肪の摂取を控えてタンパク食物いなと上手に取るようにします。

トリグリセリドが多い場合は糖質の制限も必要です。

糖質は砂糖を始めアルコールなども原因となります。

ご飯の取りすぎも糖質の摂り過ぎでトリグリセリドの値を悪化させてしまうことがあります。

不飽和脂肪酸は積極的にとりましょう。

高脂血症の予防に効果がある食品は食物繊維です

食物繊維はコレステロールをうんちにしてたしてくれる効果がありコレステロールの値を下げてくれる効果があります。

食物繊維が含まれている食品には切り干し大根などの野菜やきのこ類や果物類やこんにゃくやワカメなどが挙げられます。

最近話題になっているイコサペンタエン酸は効果的でイワシやアジサバなどに含まれていてコレステロール値を下げると言われています。

抗酸化食品がコレステロールから動脈を守る血液がコレステロールが多いならそれが動脈の壁に付着しないようにすることが重要です。

動脈の壁にコレステロールがつかないようにしてくれるのが抗酸化食品と呼ばれている食品でセサミンやカテキンなどが抗酸化物質を含む食品があります。

ビタミンaはにんじんやピーマンなどの緑黄色野菜に含まれている他うなぎにも含まれています。

そしてビタミンcはさつまいもやじゃがいもに多く含まれています。

特にじゃがいものビタミンcは壊れにくいビタミンcで貴重なビタミンcです。

ビタミンeはかぼちゃなどの黄色い食品に含まれるほかアーモンドにも含まれています。

カテキンが多く含まれているのは緑茶や赤ワインなどです。

セサミンが含まれているのはゴマが代表でセサミンと言われているほどセサミンはゴマに含まれています。

コレステロール多く含む食品を控えるコレステロールが多く含まれる食品は減らした方がよいでしょう。

それはレバーなどの内臓肉数の子や鶏の卵などの卵製品そして、ケーキやクッキーなど糖質が多くて油が多いものそして、バターや油が多いロース肉などを多く食べると脂質異常症が悪化してしまいます。

それ以外にもさっぱりとしているはずのイカにもコレステロールが多く含まれていますので、注意しましょう。

コレステロールの値は年々増えています。

生活水準が上がるとコレステロール上がり10年間で1ミリグラム増えています。

これは成人病にもなりますし、若いうちからの精神病の元にもなりますですので、コレステロールの摂取は慎重になる必要があります。

脳卒中3番目になっていて死亡しなくても回復後後遺症などが残ってしまい障害になってしまうことがあります。

脳血管障害

足に割れる脳卒中といわれる病気は日本ではとても一般的な病気で癌と心臓病に続いて多い病気です。

GUM14_CL11004

脳卒中は脳内の血管がちぎれてしまって出血するというイメージが一般的ですが、実際には動脈が切れることや血栓が起きることで血が流れなくなって脳障害が起きてしまうのが原因です。

脳卒中では回復した後に手の麻痺や言語障害や運動失調などの後遺症が残ってしまうことがあります。

それは出血した脳の部位によります。

脳血管障害には出血と虚血性という二つの種類があります。

出血性というのは頭の中で出血してしまうことで動脈が切れることで起こります。

例えばくも膜下出血などがそれのお礼です。

減塩弁当はその予防にとても大切です。