高脂血症の方のための食事宅配サービスを紹介!

何と言っても動脈硬化のもとになるのが高脂血症ですから恐ろしい病気です。

高脂血症の予防方法高脂血症の予防方法は食事療法顔もになります。

そして同時に運動することが効果があると言われています。

GUM14_CL11006

運動は脂肪の燃焼を良くして基礎代謝をアップし血の巡りをよくしますので、有酸素運動をすることが効果的です。

15分以上運動しないと脂肪の燃焼効果が現れませんので15分以上軽い運動を行ってください。

高脂血症に良い食生活とは

高脂血症に良い食食生活とは適切なカロリーをとって適切な運動を行っていくところです。

コレステロールが多いタイプの高脂血症では脂肪の摂取を控えてタンパク食物いなと上手に取るようにします。

トリグリセリドが多い場合は糖質の制限も必要です。

糖質は砂糖を始めアルコールなども原因となります。

ご飯の取りすぎも糖質の摂り過ぎでトリグリセリドの値を悪化させてしまうことがあります。

不飽和脂肪酸は積極的にとりましょう。

高脂血症の予防に効果がある食品は食物繊維です

食物繊維はコレステロールをうんちにしてたしてくれる効果がありコレステロールの値を下げてくれる効果があります。

食物繊維が含まれている食品には切り干し大根などの野菜やきのこ類や果物類やこんにゃくやワカメなどが挙げられます。

最近話題になっているイコサペンタエン酸は効果的でイワシやアジサバなどに含まれていてコレステロール値を下げると言われています。

抗酸化食品がコレステロールから動脈を守る血液がコレステロールが多いならそれが動脈の壁に付着しないようにすることが重要です。

動脈の壁にコレステロールがつかないようにしてくれるのが抗酸化食品と呼ばれている食品でセサミンやカテキンなどが抗酸化物質を含む食品があります。

ビタミンaはにんじんやピーマンなどの緑黄色野菜に含まれている他うなぎにも含まれています。

そしてビタミンcはさつまいもやじゃがいもに多く含まれています。

特にじゃがいものビタミンcは壊れにくいビタミンcで貴重なビタミンcです。

ビタミンeはかぼちゃなどの黄色い食品に含まれるほかアーモンドにも含まれています。

カテキンが多く含まれているのは緑茶や赤ワインなどです。

セサミンが含まれているのはゴマが代表でセサミンと言われているほどセサミンはゴマに含まれています。

コレステロール多く含む食品を控えるコレステロールが多く含まれる食品は減らした方がよいでしょう。

それはレバーなどの内臓肉数の子や鶏の卵などの卵製品そして、ケーキやクッキーなど糖質が多くて油が多いものそして、バターや油が多いロース肉などを多く食べると脂質異常症が悪化してしまいます。

それ以外にもさっぱりとしているはずのイカにもコレステロールが多く含まれていますので、注意しましょう。

コレステロールの値は年々増えています。

生活水準が上がるとコレステロール上がり10年間で1ミリグラム増えています。

これは成人病にもなりますし、若いうちからの精神病の元にもなりますですので、コレステロールの摂取は慎重になる必要があります。

脳卒中3番目になっていて死亡しなくても回復後後遺症などが残ってしまい障害になってしまうことがあります。

脳血管障害

足に割れる脳卒中といわれる病気は日本ではとても一般的な病気で癌と心臓病に続いて多い病気です。

GUM14_CL11004

脳卒中は脳内の血管がちぎれてしまって出血するというイメージが一般的ですが、実際には動脈が切れることや血栓が起きることで血が流れなくなって脳障害が起きてしまうのが原因です。

脳卒中では回復した後に手の麻痺や言語障害や運動失調などの後遺症が残ってしまうことがあります。

それは出血した脳の部位によります。

脳血管障害には出血と虚血性という二つの種類があります。

出血性というのは頭の中で出血してしまうことで動脈が切れることで起こります。

例えばくも膜下出血などがそれのお礼です。

減塩弁当はその予防にとても大切です。